パソコン修理の依頼・お問い合わせはこちら 0798-31-5885

互換オフィス商品

今回は互換オフィス商品なのですが有名どころをご紹介します。

KINGSOFT Office

この互換ソフトが一番有名ではないかと思います。
この頃では、新しいパソコンにマイクロソフトオフィスではなく、このキングソフト オフィスがプレインストールされているものも見かけるようになりました。

一番いいと思うのは操作性です。
マイクロソフトオフィスに非常に似ています。
マイクロソフトオフィスを使い慣れていて急にオフィスが必要になったけど
マイクロソフトオフィスを買うのも高くてと思われる方には最適です。

各ソフトは呼び名が違います。
マイクロソフトオフィスのソフトに関連して列挙します。

Word → Writer
Excel → SpreadSheets
Presentation → PowerPoint
メーラはないようです。

価格はアマゾンで調べると現時点で6,000円前後
マイクロソフトオフィスに比べると破格の値段ですね

Apache Open Office

歴史的にはこのApache Open Officeの方がKingSoftOfficeより古いはずです。
操作性は、少々慣れが必要ですが無料という価格的なアドバンテージは大きいですね

こちらもマイクロソフトオフィスのソフトに関連して列挙します。

Word → Writer
Excel → Calc
Presentation → Impress
メーラは同様にありませんが、これ以外にデータベースソフトなど
いろいろあるようです。

その他にもLibre Office、Free Officeなどいろいろとあるようです。

またマイクロソフトオフィスのWeb版のOffice Onlineというのもあります。

私の私見はやはりマイクロソフトオフィスなんですが
それは私がそれに慣れているだけで、使い始めからApache Open Officeであれば
違っているでしょう。

でも歴史的状況から見るとには私のような人は多くおられるのではないか
と思います。

#互換オフィス #マイクロソフトオフィス #エクセル #ワード #KINGSOFTOffice #PowerPoint

コメント

タイトルとURLをコピーしました